検索
  • Sugimoto

領域代表の杉本のN1-メチルアデノシン(m1A)修飾に関する論文が掲載 / A paper on N1-methyladenosine (m1A) modification was published

更新日:8月31日

領域代表の杉本の、N1-メチルアデノシン(m1A)修飾に関する論文が科学誌「International Journal of Molecular Sciences」に、9月24日に掲載されました。

タイトルは「口腔扁平上皮癌の腫瘍免疫微小環境と予後に対するm1Aメチル化修飾パターンの影響」です。

本研究は、m1A修飾がOSCC(口腔扁平上皮癌)における腫瘍免疫微小環境(TIME)と関連している可能性があり、OSCCの予後予測能力を有する可能性を明らかにしています。

https://www.mdpi.com/1422-0067/22/19/10302



Sugimoto's paper on N1-methyladenosine (m1A) modification was published in "International Journal of Molecular Sciences" on September 24th.

The title is "The Impact of m1A Methylation Modification Patterns on Tumor Immune Microenvironment and Prognosis in Oral Squamous Cell Carcinoma".

The present study revealed that m1A modification might be associated with the TIME in OSCC, and has potential predictive ability for the prognosis of OSCC.

https://www.mdpi.com/1422-0067/22/19/10302

閲覧数:26回