検索
  • Sugimoto

CBI学会(情報計算化学生物学会)2021大会に参加しました / the CBI Annual Meeting 2021

領域代表の杉本と、A03班の酒井康行先生、A02班の福田淳二先生が、CBI学会(情報計算化学生物学会)2021に参加しました。


28日に行われたパネルディスカッションは「MPSの今後を考える」をテーマとし、酒井先生と杉本がパネリストを務めました。

また、杉本は「数理モデルと生体模倣システム(MPS)による仮想人体構築に向けた取り組み」について、福田先生は、「化学物質のin vitro細胞アッセイ法の開発」について、発表を行いました。


学会は「デジタルトランスフォーメーションで目指すライフサイエンス革命~AI駆動型の創薬戦略~」をテーマに10月26日(火)~10月28日(木) 、オンラインで開催されました。

https://cbi-society.org/taikai/taikai21/index.html


Sugimoto,Dr.Sakai and Dr.Fukuda perticipated in the CBI Annual Meeting 2021.


Sugimoto and Dr.Sakai acted as panelists in the panel discussion "Reviewing the five years of the AMED-MPS Project -The future of MPS (microphysiological systems) "

The presentation's title:

Sugimoto : "the efforts to build a virtual human body using mathematical models and MPS"

Dr.Fukuda : "Development of in vitro cell assay for chemicals"


It was held online from 26th to 28th October under the theme of "Digital Transformation Revolutionizes Life Science ~New Strategies of AI-Driven Drug Discovery~"

https://cbi-society.org/taikai/taikai21/index.html

14回の閲覧