検索
  • Sugimoto

領域代表の杉本のバイオセンサーに関する論文が掲載されました / Sugimoto's paper on biosensor was published in "Analytical Sciences"

更新日:7月27日

領域代表の杉本のバイオセンサーに関する論文が科学誌「Analytical Sciences」に5月16日に掲載されました。

タイトルは「チオール/ジスルフィド交換反応を利用したL-カルニチン用の高感度プルシアンブルーベースの酵素バイオセンサーの開発」です。

この開発は、ポイントオブケア(患者身辺での)検査実施に向けて、L-カルニチンを検出する有望な戦略となりえます。

https://link.springer.com/article/10.1007/s44211-022-00122-6





Sugimoto's paper on biosensors was published in "Analytical Sciences" on 16th May.

The title is "Development of a highly sensitive Prussian-blue-based enzymatic biosensor for L-carnitine employing the thiol/disulfide exchange reaction".

This is a promising strategy for L-carnitine sensing in point-of-care testing applications.

https://link.springer.com/article/10.1007/s44211-022-00122-6

閲覧数:26回