検索
  • Sugimoto

領域代表の杉本の、閉経状態とイオン性代謝物についての論文が掲載/ the association between menopausal status and charged metabolites

更新日:8月26日

領域代表の杉本の、閉経状態と荷電代謝物の関連についての論文が、科学誌「MATURITAS」に10月9日に掲載されました。

タイトルは「日本の地域在住の中年女性における閉経状態に関連した荷電代謝物の代謝プロファイリング:鶴岡メタボロミクスコホート研究」です。

荷電代謝物の増加は、脂質異常症、糖尿病、心血管疾患、および後年の骨粗鬆症のリスク増加の背後にある初期の変化を反映している可能性があります。

https://www.maturitas.org/article/S0378-5122(21)00295-4/fulltext



Sugimoto's paper on the association between menopausal status and charged metabolites was published in the scientific journal "MATURITAS" on 9th October.

The title is "Metabolic profiling of charged metabolites in association with menopausal status in Japanese community-dwelling midlife women: Tsuruoka Metabolomic Cohort Study".

Increased charged metabolites might reflect the early changes behind the increased risk of dyslipidemia, diabetes, cardiovascular disease, and osteoporosis in later life.

https://www.maturitas.org/article/S0378-5122(21)00295-4/fulltext


閲覧数:17回