検索
  • Sugimoto

酒井先生・西川先生・荒川先生が日本再生医療学会に参加されました/Oral presentations at the Congress of Regenerative Medicine

A03班の酒井康行先生とA02班の西川昌輝先生、A03班の荒川大(ひろし)先生が日本再生医療学会総会に出席されました。今年は3月11~13日の期間、オンラインでの開催となりました。

第20回日本再生医療学会総会《 2021年3月11日(木)〜13日(土) 》 (convention.co.jp)


主な発表内容は以下の通りです。

●シンポジウム「Organ on a chipの新展開、異なる立場からの考察」(酒井先生が座長、荒川先生が発表「腸肝連結型 microphysiological system を用いた薬物動態の臓器連関研究」)

●シンポジウム「バイオリアクター アップデート/Post Printing Processの効率化を目指して」(酒井先生が発表「細胞大量培養の発展の経緯と再生医療への展開」)

●ポスター発表「中空糸透析膜と機能性ポリマーを用いたヒトiPS細胞の超高密度浮遊培養系の設計と構築」(酒井先生、西川先生が発表)

Dr. Sakai (A03) and Dr. Nishikawa (A02) ,Dr.Arakawa (A03) attended the 20th Congress of the Japanese Society for Regenerative Medicine.

https://site2.convention.co.jp/20jsrm/en/index.html


They presented

- Future and discussion of organ on a chip:Pharmacokinetic study of organ-organ interactions using entero-hepatic microphysiological system

- Bioreactor update for the development of efficient Post Printing Process:Past history of large-scale cell culture and its extension to regenerative medicine

- Design and development of new culture system for human iPS cells





3回の閲覧