top of page
検索
  • Sugimoto

酒井先生がアジア動物実験代替法学会でプレナリー講演を行いました / Dr.Sakai gave a plenary lecture at ACAAE2022.

A03班の酒井康行先生が、第3回アジア動物実験代替法学会(ACAAE2022)にてプレナリー講演を行いました。

タイトルは「静的マイクロプレートと灌流マイクロ生体模倣システムの両方における生理学的組織工学における酸素供給の重要性」です。

また、酒井先生はA02班の西川昌輝先生、A03班の荒川大先生とともにポスター発表も行いました。

学会は12/14(水)~16(金)に韓国・済州(チェジュ)島にて開催されました。

https://acaae2022.org:477/html/sub01.asp





Dr.Sakai gave a plenary lecture at the 3rd Asian Congress for Alternatives to Animal Experiments (ACAAE2022).

The title is "Importance of Oxygen Supply in Engineering Physiological Tissues Both in Static Microplates and Perfused Microphysiologidal Systems".

Dr.Sakai also had a poster presentation with Dr.Nishikawa and Dr.Arakawa.

The conference was held at Jeju Island, South Korea from 14th to 16th December.

https://acaae2022.org:477/html/sub01.asp



閲覧数:9回
bottom of page