top of page
検索
  • Sugimoto

酒井先生が第35回日本動物実験代替法学会で口頭発表を行いました / Dr.Sakai gave a presentation at the 35th annual meeting of JSAAE

更新日:2022年12月9日

A03班の酒井先生が第35回日本動物実験代替法学会で口頭発表を行いました。

タイトルは「酸素透過膜プレートによるインビトロ培養の抜本的改善」です。

A02班の西川昌輝先生、A03班の荒川大先生、領域代表の杉本もポスター発表を行い、荒川先生はポスター賞を受賞されました。

学会は「協働と協調で築く新たな時代の3Rs」をテーマに、11/18(金)~20(日)に静岡県立大学にて開催されました。

※3Rs=Reduction:動物数の削減、Refinement:動物に対する苦痛軽減、Replacement:動物を用いない代替法への置換

https://jsaae35.secand.net/index.html



Dr.Sakai gave a presentation at The 35th Annual Meeting of the Japanese Society for Alternatives to Animal Experiments.

The title was "Oxygen-permeable plates as a complete solution for oxygen shortage in vitro".

The conference was held at the University of Shizuoka from 18th to 20th November with the theme of "3Rs in a new era developed by collaboration and cooperation".

※3Rs=Reduction in animal numbers, Refinement for animals, Replacement with non-animal alternatives

https://jsaae35.secand.net/index.html

閲覧数:14回
bottom of page