top of page
検索
  • 執筆者の写真Sugimoto

荒川先生の薬物動態変動に関するレビュー論文が掲載されました /Dr.Arakawa's review paper on Pharmacokinetic variation was published.

A03班の荒川大先生の薬物動態変動に関するレビュー論文が「YAKUGAKU ZASSHI」2023年 に2月1日に掲載されました。

タイトルは「腸肝臓器間相互作用による薬物動態変動の観測と分子メカニズムの解明」です。

このレビューでは、動物モデルとMPSを用いて臓器間相互作用を評価した結果を紹介しています。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/yakushi/143/2/143_22-00172/_article/-char/ja/






Dr.Arakawa's review paper on Pharmacokinetic variation was published in "Journal of the Pharmaceutical Society of Japan" on 1st February.

The title is "Evaluation and Clarification of Enterohepatic Interactions in Pharmacokinetics".

This review presents the results of evaluating inter-organ interactions using animal models and MPS.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/yakushi/143/2/143_22-00172/_article/-char/ja/

閲覧数:11回
bottom of page