検索
  • Sugimoto

福田先生の脂肪酸結合たんぱく質に関する論文が掲載されました / Dr.Fukuda's paper on FABP5 was published.

更新日:5月23日

A02班の福田淳二先生の脂肪酸結合たんぱく質に関する論文が、科学誌「Cancer Genetics」に11月5日に掲載されました。

タイトルは「脂肪酸結合たんぱく質(FABP5)は、HIF-1シグナル伝達経路を介した結腸癌細胞増殖の新しいドライバーである」です。

FABP5は、脂肪酸によって引き起こされる癌の進行を改善するための有望なターゲットだといえます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2210776221002209



Dr.Fukuda's paper on FABP5 was published in "Cancer Genetics" on 5th November.

The title is "Tumor-intrinsic FABP5 is a novel driver for colon cancer cell growth via the HIF-1 signaling pathway".

The FABP5 is a promising target for ameliorating fatty acid-triggered cancer progression.

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2210776221002209

閲覧数:13回