検索
  • Sugimoto

福田先生と大久保先生の発生毒性アッセイに関する論文が掲載されました / Dr.Fukuda and Okubo's paper on reporter assay was published.

更新日:6月10日

A02班の福田淳二先生と大久保佑亮先生の、発生毒性アッセイに関する論文が科学誌「iScience」に2月18日に掲載されました。

タイトルは「FGFシグナルの攪乱を検出するヒトiPS細胞レポーターに基づく発生毒性アッセイの確立」です。

この研究は、ヒトiPS細胞を用いたFGFシグナル伝達撹乱作用のダイナミクスを基にした発生毒性物質アッセイであり、潜在的な発生毒性物質のスクリーニングに役立つ可能性を示しています。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2589004222000402


Dr.Fukuda and Okubo's paper on reporter assay was published in "iScience" on 18th February.

The title is "Establishment of a developmental toxicity assay based on human iPSC reporter to detect FGF signal disruption".

This study presents an initial report of a human iPSC-based FGF signaling disruption assay, which could be useful for the screening of potential developmental toxicants.

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2589004222000402

閲覧数:36回