検索
  • Sugimoto

福田先生と大久保先生の発生毒性アッセイに関する論文が掲載されました / Dr.Fukuda and Okubo's paper on reporter assay was published.

更新日:6月15日

A02班の福田淳二先生と大久保佑亮先生の、発生毒性アッセイに関する論文が科学誌「STAR Protocols」に6月17日に掲載されました。

タイトルは「ヒトiPS細胞における線維芽細胞成長因子(FGF)シグナルのかく乱をモニターするためのルシフェラーゼアッセイシステム」です。

この論文は、FGFシグナルのかく乱作用を継続的に計測するための、生細胞ルシフェラーゼアッセイシステムのプロトコルを説明しています。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2666166722003197?via%3Dihub



Dr.Fukuda and Okubo's paper on reporter assay was published in "STAR Protocols" on 17th June.

The title is "Luciferase assay system to monitor fibroblast growth factor signal disruption in human iPSCs".

This paper describes a protocol for a live-cell luciferase assay system for continuously monitoring fibroblast growth factor (FGF) signal disruption in human-induced pluripotent stem cells (iPSCs).

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2666166722003197?via%3Dihub

閲覧数:24回