検索
  • Sugimoto

大久保先生のNotch-Deltaシグナル伝達に関する論文が掲載されました / Dr. Okubo's paper on Notch-Delta signaling was published

更新日:8月31日

A02班の大久保佑亮先生のNotch-Deltaシグナル伝達に関する論文が、「Development」に10月1日に掲載されました。

タイトルは「切断されたDelta like1の細胞内ドメイン(D1ICD)は、Notchシグナル依存的および非依存的経路を介して神経発生を制御する」です。

この研究は、D1ICDが Notchシグナル伝達だけでなくMAPキナーゼ経路も調節することによって、後根神経節(DRG)発生を制御することを示しています。

https://journals.biologists.com/dev/article/doi/10.1242/dev.193664/272156/Cleaved-Delta-like-1-intracellular-domain



Dr. Okubo's paper on Notch-Delta signaling was published in the scientific journal "Development" on September 14th.

The title is "Cleaved Delta like 1 intracellular domain regulates neural development via Notch signal dependent and independent pathways".

This research indicates that D1ICD regulates DRG development by modulating not only Notch signaling but also the MAP kinase pathway.

https://journals.biologists.com/dev/article/doi/10.1242/dev.193664/272156/Cleaved-Delta-like-1-intracellular-domain

閲覧数:19回