検索
  • Sugimoto

クマ笹葉アルカリ抽出液の抗炎症作用に関するマルチオミクス解析/Multi-omics analysis

最終更新: 5月15日

研究代表の杉本が共著を務める、明海大学歯学部の坂上宏先生の論文が「Journal of Clinical Medicine」に5月13日より掲載されました。

タイトルは「クマ笹葉アルカリ抽出液の抗炎症作用に関するマルチオミクス解析」です。

https://www.mdpi.com/journal/jcm/special_issues/Metabolomic_Analysis_Health_Disease

A paper by Pro. Sakagami of Meikai University, co-authored by Sugimoto, was published in the "Journal of Clinical Medicine" from May 13th.

The title is "Multi-Omics Analysis of Anti-Inflammatory Action of Alkaline Extract of the Leaves of Sasa sp".